• お問い合わせ
  • ホーム

企業情報

ビジョン

より広い世界へ、考えながら、進め。

謹啓
貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

2014年8月21日、「中日本印刷株式会社」は「株式会社アイワット」を吸収合併し、
社名を「株式会社アイワット」に変更する大きな転換期を迎えました。

今、日本の産業構造全体が根底から変わろうとしています。刻々と変化する市場動向と、
移りゆく顧客の思考や環境変化に柔軟に対応できるかどうかが、ビジネスの成否を決める時代です。
私たちのビジネスも例外ではありません。
市場と顧客の変化に柔軟に対応するためには、お客様の現状を徹底的にリサーチ・分析し、お客様との会話を通して潜在する課題を
抽出しながら、解決に向けた最適なソリューションを提案していくことが求められます。

そのために必要なのは「常に考えて行動する」ことです。
お客様は何を求めているのか、考える。
課題を解決するにはどのようなアイデアがあるのか、考える。
そのアイデアは本当にお客様のためとなり、未来へとつながる礎となっているのか、考える。
これからの時代、『ものづくりは、価値づくり』でなければならないと考えています。
単なる「もの」の提供で終わることなく、さらに一歩先を見据えた「価値」を提案できる企業に。

"innovation We Are Thinking = iWAT"をスローガンに、中日本印刷時代の64年間で培ってきた歴史と魂をベースに、
新生iWATは、常にお客様の声に耳を傾け、考え、従来の常識に捉われない革新的な発想とアイデアで、
これからもお客様を支え続けていきます。

敬白

中日本印刷株式会社 株式会社アイワット 代表取締役社長 岩田玄知 取締役 岩田修平

会社概要

中日本印刷とアイワットは合併、新社名は「アイワット」 ものづくりから価値づくりへ INNOVATION(革新)旧来の方法・慣習にとらわれることなく、新たに発想を展開します。 WE ARE THINKING(私たちは考え続けます)お客様の立場に立ち、その課題を解決するために、常に考え動くことのできる「考動力」と「アイデア」で新しい価値を創造していきます。

iWATの使命

私たちは 価値を追求し、お客様を笑顔にします

お客様とともに考えつくりあげた「もの」・「こと」で、
お客様のその先のお客様にまで喜んでいただくことを目指し、価値を創造します

企業理念

コミュニケーションをデザインし、人と人とのより良い繋がりを創造します

ツールを売ることのみにとどまらず、お客様にとって最適な手法を考え設計できる“考える集団”を目指します

社員一人ひとりが成長意欲に溢れ、仕事に誇りを持てる職場をつくります

現状維持ではなく、全員がスキル向上意識と挑戦意欲を持つ組織になっていくと同時に、
仕事にやりがいを持てるいきいきとした職場環境を目指します

お客様満足度の向上に努め、企業の発展を通して社会に貢献します

提供するサービスの付加価値を高め、よりお客様に求められる集団を目指し、
社会への貢献度を高めていきます

アイワットは、プランニング領域から印刷領域まで一貫して提供できるサービス力と、
コミュニケーション・デザイン力を強みに、お客様により一層選ばれる会社へ

会社概要

商号 株式会社アイワット
代表者 代表取締役会長 岩田 玄知
代表取締役社長 岩田 修平
資本金 8,000万円
事業内容 企画・制作・製造を事業領域とした最適なソリューション提供
従業員 185名
事業所
本社

〒460-0007 名古屋市中区新栄一丁目7番22号
TEL:052-251-9151(代)

東京支社

〒104-0033 東京都中央区新川一丁目1番6号
TEL:03-3551-4937(代)

豊田工場

〒471-0836 豊田市鴻ノ巣町五丁目20番10号
TEL:0565-27-2222(代)

事業領域

アイワットって何やってるの?

ワンストップの総合コミュニケーション提案

企業や組織・各種法人が実施する広報・広告・プロモーションなどのコミュニケーション活動全般に関わる
ビジネスコンサルティング機能と情報クリエイティブ機能を有し、マーケティング・プランニング、クリエイティブ、プロモーションをトータルにワンストップでサービスを提供しています。

こんな仕事をしています(取引先・事業領域について)

アイワットのお客様は多岐にわたっています。おもな例をご紹介すると…

インナーコミュニケーション

企業の人事部様からのご依頼では…
  • 社内コミュニケーションツール・コンテンツ[印刷物、ホームページ、イントラネット上のコンテンツ]
  • 人材採用ツール[パンフレット、サイトの企画・製作]
労働組合様や健康保険組合様からのご依頼では…
  • 組合員向けツール[機関誌・ホームページの企画・編集・制作]

アイワットでは…単体としてのツールではなく、各ツールの役割を最適化し、機能するツールとしてご提案していきます。
そして、企業様の思い、応募する側の気持ちに即した、双方に伝わるツールつくりをしていきます。

アウターコミュニケーション

流通・小売業の広報・宣伝・販促部様からのご依頼では
  • 年間販促計画の立案・実施、大型商業施設の新店舗オープン広告・販促の立案・実施
  • 経常期販促(広告全般・イベント)の実施・運営・管理
  • 年間52週のチラシ・販促ツールの企画・制作
  • メーカーの新商品開発・パッケージ制作から各種プロモーション施策の実施
  • 展示会・イベント等の企画・制作・運営
  • コーポレートサイト・ECサイト・キャンペーンサイトなどの制作・運営
  • テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・OOHメディアの企画・制作・媒体の取扱い
アイワットでは…個々の案件としてのみでなく、業種・業態の動向も踏まえ、課題を俯瞰して整理し、個々の課題に対応できる具体的なソリューションを提供していきます。また、それらのソリューションは、クロス・コミュニケーションの考え方で、ご提案していきます。

沿革

昭和25年 5月 中日本印刷創業
昭和26年 9月 現在の本社所在地に工場建設
昭和31年 3月 中日本印刷株式会社設立
昭和39年 2月 東京支社新橋に開設
昭和47年 2月 東京支社新川に移転
昭和48年 6月 オフリン株式会社設立
平成4年 8月 大阪支店開設
平成7年 3月 Diic事業部新設、デジタル事業を展開
平成13年 10月 カスタム・プランニング事業部新設、提案型事業を展開
平成18年 4月 ISMS認証取得
平成18年 5月 プライバシーマーク認証取得
平成19年 8月 本社工場移転(豊田)
平成19年 8月 株式会社アイワット設立
平成20年 2月 株式会社ティプラン設立
平成20年 7月 FSC®森林認証取得
平成20年 12月 ISO14001認証取得
平成22年 3月 Japan Color標準印刷認証取得
平成22年 8月 株式会社アイワットと株式会社ティプランが合併、株式会社アイワットとなる
平成23年 8月 中日本印刷株式会社とオフリン株式会社が合併、中日本印刷株式会社となる
平成26年 8月 中日本印刷株式会社と株式会社アイワットが合併、新たに株式会社アイワットとしてスタート

CSR

品質への取り組み

社長の品質方針

株式会社アイワットは、常に安定した良質の印刷物を提供することによって、お客様との信頼関係を深め、お客様の喜びを我が社の喜びとします。またお客様の品質要求事項を満たすよう下記項目を実行します。

1.私たちは以下の3つの要求事項を受け止めます。
  1. お客様のニーズや期待を背景にした要求
  2. 法規制など社会的要求
  3. 当社の目指す品質達成のための組織からの要求

私たちはこれらすべての要求の中身を明らかにし、これらを同時に満たす製品を開発・提供し続けます。

2.品質方針を達成するために品質目標を設定し、環境変化に対応して随時この見直しを行います。
3.さらに魅力ある品質を追求し、継続的な改善を実現します。
4.品質方針が常に私たちにとって適切であり続けるように、常にお客様の立場に立ち私自身が見直しを指示・実行します。

2003年5月21日
株式会社アイワット
代表取締役社長 岩田修平

品質への取り組み(Japan Color 標準印刷認証)

当社では、2010年3月1日に「Japan Color 標準印刷認証」を取得いたしました。これは色調再現の工程管理が、日本国内での必要水準を満たしていることを保証する制度で、第一期33社が選ばれました。

社団法人日本印刷学会が制定した本認証の第一期認定取得事業者として、印刷技術の標準化を推進し、印刷品質の安定と生産性向上を目指してまいります。

認証事業所
本社、豊田工場
認証番号
JC-S002401-04
Japan Colorの信頼性
JAPAN COLOR
JAPAN COLOR認定証

印刷に関する社会的コストの低減…低炭素社会の実現に向けて

Japan Colorの採用により、印刷物の試し刷りや色校正の頻度が低減され、それに伴う人的・物質的経費が減少し、二酸化炭素が削減可能となります。

色に関する実用的な統一基準の構築…デザイナーや芸術家の活動の基礎に

デザイナーや芸術家の印刷物に対する要求に応えることがより可能になり、相互の信頼関係がはぐくまれ、より良い作品と印刷物が制作できます。

Japan Colorの品質保持

Japan Color認証制度により、Japan Color準拠で印刷されたものに対しては信頼性と品質保持が保証されます。

中立の立場で実務的な認証制度

Japan Color認証制度は(社)日本印刷産業機械工業会が、印刷産業機械メーカー等からの協力を得ながら中立的な立場で印刷実務に沿って策定されました。

環境への取り組み(ISO14001)

私たちの将来に大きく立ちはだかる「環境問題」…。地球温暖化など深刻さを増すばかりで、個人も企業も「地球社会の一員」として、環境問題に積極的に取り組まなければ、道は開かれません。
アイワットでは、このほど「ISO14001 環境マネジメントシステム」の構築に取り組み、平成20年12月24日に認証を取得しました。この認証取得により、地球環境の保護を目指し、企業活動を推進していきます。

審査登録の拠点
本社、東京支社、豊田工場
登録番号
JCQA-E-0852

環境方針

基本理念

私たち、株式会社アイワットは、印刷及び印刷関連の事業をとおして、社会に貢献するとともに、地球環境問題を真剣に考え、環境マネジメントシステムを構築・運用し環境に対する負荷の軽減に取り組むことを宣言します。

基本方針
  1. 環境マネジメントシステムを構築し、実践・維持し継続的に改善していくことをとおし環境の保全と汚染の予防を推進します。
  2. 環境側面に関わる法的要求事項及びその他の要求事項を順守するとともに、社会の環境保全への要求を積極的に取り入れ汚染の防止に努めます。
  3. 省資源・省エネルギーの推進、廃棄物の分別回収を徹底し、資源の有効活用に積極的に貢献します。
  4. 全従業員のみならずアイワット内にて働く協力会社の従業員の皆様にも、当社の環境マネジメントシステムを教育し周知徹底し、個人生活レベルでも環境配慮に貢献できる人材を育成します。
  5. この環境方針は社内外に公表します。

制定2008年7月1日
改訂2009年8月21日
株式会社アイワット
代表取締役社長 岩田修平

自然環境保護に配慮した印刷技術

  • 水なし印刷
  • 植物油インキ

森林保護への取り組み(FSC®森林認証)

当社は、FSC®認証紙を使うことにより、環境に配慮した社会貢献が出来ると考え「FSC®森林認証(CoC)」を平成20年7月2日に取得いたしました。「FSC®認証制度」とは、適切に管理された森林から切り出された木材を使って、製品が作られていることを証明する制度です。したがってFSC®認証紙は原材料となる木材を運ぶ輸送会社、チップ製造や製紙会社、紙の卸・販売会社、そして印刷会社など工程に携わった全ての会社が、FSC®(CoC)認証を受けているため、この紙が「責任ある管理をされた森林からつくられている」ことを証明できるのです。

適用サイト
本社、豊田工場、東京支社
認証番号
CU-COC-809822
審査登録の対象及び範囲
一般商業・出版印刷物の印刷、製本・加工及びWeb制作等業務
CERTIFICATE

当社のFSC®森林認証方針

FSC

当社は、FSC®認証製品を製造するに当たり、CoC認証基準を遵守し、維持するために、各担当者のもと活動を全部門に周知徹底させ、計画的かつ継続的な改善を行い、環境・社会・経済への貢献をめざします。

また、FSC®認証製品に使用される非認証紙については、以下の供給源に由来する用紙を使用しないことを宣言します。

  • 伝統的または市民の権利が侵害された森林地域から伐られた木材。
  • 高い保護価値が脅かされている非FSC®認証森林域から伐られた木材。
  • 遺伝子組み換え樹種から伐採された木材。
  • 違法に伐採された木材。
  • プランテーションや非森林用に転換された自然林。

平成20年7月2日
株式会社アイワット

情報管理への取り組み(ISMS)

当社は、情報セキュリティの確保を目的に2006年4月5日「ISMS=情報セキュリティマネジメントシステム・JIP-ISMS100-2.0」の認証を取得し、さらに2007年4月18日「ISO/IEC27001:2005/JIS Q 27001:2006」に移行、2012年4月に更新しました。これにより機密性の高い情報の処理・管理・記録・保管のシステムを確立し、顧客の安心・安全を最大限に確保いたします。

受審事業所(適用サイト)
本社、東京支社、豊田工場
登録番号
JVAC-IM0017
登録活動範囲
商業印刷物・出版印刷物・電子メディアなどの企画・制作・製造、Webコンテンツ作成及びWebサービスにおけるインターネット管理業務

情報セキュリティ基本方針

1.目的

創業以来、当社の基幹事業である印刷事業は、情報の複製を大量に作り、世に情報を送り出すという役割を持ってきた。つまり、単に複製を製造する事業ではなくて、そもそも情報を扱い提供するという位置にあったと考えるべきであろう。よって、情報の価値、すなわち正確性、機密性などについては伝統的に多大な注意を払ってきたのである。しかし、昨今のIT化の急激な進展による印刷プロセスそのもののデジタル化や、当社事業の企画・制作・マーケティングなど新たなソフト分野への展開によって、情報の処理プロセスにおいては多種多様なフィールドが出現しており、さらに正確で機密性の高い対応力を獲得し実行していく必要が生じてきている。そこで、これまでの伝統的な対応だけにとどまらず、最新のセキュリティ・ノウハウを吸収し、最新のセキュリティ・スタンダードに照らし合わせて、お客様への安心・安全を最大限確保するための情報セキュリティマネジメントを実施することを決意した。

このシステムの定着・実行はすべて当社の社員によって実現される。よって、全社員がこのシステムの重要性を十二分に認識し、情報セキュリティポリシーを遵守するものとする。

2.情報セキュリティの定義

情報セキュリティとは、機密性、完全性および可用性を確保し維持することを言う。

  1. 機密性:アクセスを許可された者だけが、情報にアクセスできることを確実にすること。
  2. 完全性:情報及び処理方法が正確であること及び完全であることを保護すること。
  3. 可用性:認可された利用者が、必要な時に、情報及び関連する資産にアクセスできることを確実にすること。
3.適用範囲

情報セキュリティマネジメントの適用範囲は、以下の組織・拠点・業務とする。

  1. 組織:株式会社アイワットの全組織
  2. 拠点:名古屋本社、東京支社、豊田工場
  3. 業務:営業・制作・進行・生産・発送・スタッフの各業務
4.実施事項
  1. 情報セキュリティの基本的な維持事項である「機密性」「完全性」および「可用性」を確保し維持する。
  2. 規制および法律の要求事項を遵守する。
  3. 重大な障害または災害から事業活動が中断しないように、予防および回復手順を策定し、定期的な見直しをする。
  4. 情報セキュリティの教育・訓練を適用範囲すべての社員に対して定期的に実施する。
  5. 情報セキュリティの違反および、疑いのある弱点のすべてを報告し、調査する。
5.責任と義務および罰則
  1. 情報セキュリティの責任は代表取締役が負う。そのために代表取締役は、適用範囲のスタッフが必要とする情報を提供する。
  2. 適用範囲のスタッフは、お客様の情報を守る義務がある。
  3. 適用範囲のスタッフは、本方針を維持するため策定された手順に従う。
  4. 適用範囲のスタッフは、情報セキュリティに対する事故および弱点を報告する責任を有する。
  5. 適用範囲のスタッフが、お客様情報に限らず当社が取り扱う情報資産の保護を危うくする行為を行った場合は、社員就業規則に従い処分を行う。
6.定期的見直し

情報セキュリティマネジメントシステムの見直しは、環境変化に合わせるため定期的に実施するものとする。

制定 2005年8月2日
改定 2014年8月21日
株式会社アイワット
代表取締役社長  岩田修平

お問い合わせ
管理本部内 ISMS事務局
【電話番号】052-251-9151(代) 【FAX番号】052-251-9198
【受付時間】月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月4日を除く)の午前9時~正午、午後1時~午後5時

当社は、個人情報の保護を目的に2006年5月16日に「プライバシーマーク・JIS Q 15001」を取得し、2008年5月には「JIS Q15001:2006」に準拠し、2014年5月に更新(第24000064(04)号)いたしました。これにより、顧客個人情報、当社の個人情報を適正かつ安全に取扱い、個人のプライバシーの保護に努めます。

受審事業所(適用サイト)
本社、東京支社、豊田工場
認定番号
第24000064(05)号
登録活動範囲
商業印刷物・出版印刷物・電子メディアなどの企画・制作・製造、Webコンテンツ作成及びWebサービスにおけるインターネット管理業務

株式会社アイワットは、事業活動として商業印刷物・出版印刷物・電子メディアなどの企画・制作・製造、WEBコンテンツ制作およびWEBサービスにおけるインターネット管理業務、及びそれらの関連業務等を遂行するうえで、お客様から委託された個人情報、当社が取得した個人情報(社員情報含む)保護の重要性を第一と考え、以下の方針に基づき個人情報保護マネジメントシステムを制定し、その適正な保護に努めます。

  1. 当社は、個人情報を取得する場合には、その目的を明確にし、お客様の趣旨に従って利用、提供、開示を行います。また趣旨に反する利用及び同意範囲外への提供や開示を致しません。
  2. 当社は、個人情報の取扱に関する法令、国が定める指針その他の法規範を遵守します。
  3. 当社は、保有する個人情報の漏えい、滅失又はき損等のリスクを深く認識し、適切なセキュリティ対策を講じ問題発生の防止に努めます。また、問題を検出した場合は、是正処置を行い再発防止策を講じます。
  4. 当社は、お客様及び情報提供の本人(社員含む)から個人情報の確認、訂正及び削除等を希望された場合、もしくは苦情及び相談を受けた場合、合理的な範囲で速やかに対処します。
  5. 当社は、個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムを定め周知徹底すると共に定期的に監査し、効果的に実施されるよう継続的に改善します。

制定 2005年4月1日
改定 2014年8月21日
株式会社アイワット
代表取締役社長 岩田修平

このウェブサイト(http://www.iwat.co.jp、以下「当サイト」といいます)では、個人の氏名、勤務先、メールアドレス等、個人を識別できる情報を収集しています。お預かりした個人情報につきまして、株式会社アイワット(以下「当社」といいます)は、以下の内容で取り扱いを行います。なお、下記の内容は、当社の個人情報保護への取り組みの継続的改善のため、予告なく変更する場合があります。

個人情報の利用目的

当社が直接収集した個人情報は、ご提供頂く際に明示した目的又は法令上許された目的にのみ使用し、それ以外の目的では一切使用しません。
また、当社は次の業務において個人情報を取り扱います。

  • 各種名簿、販促物等の印刷、発送
  • 販促キャンペーン応募、関連業務
  • ダイレクトメール印刷、発送
  • デジタルコンテンツ(WEB、CDROM等)の制作関連業務
  • ホームページの運営、管理
  • 撮影、編集等制作関連業務
  • その他、個人情報の加工、印刷、発送に関わる業務
  • 従業員の採用及び人事管理業務

個人情報の保護・管理

当社が保有する個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊改ざん及び漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な予防措置や是正措置を講じます。
また、当社は、個人情報に関して適用される法令及びその他の規範を遵守のうえ、個人情報の取り扱いについて適切な管理に努めます。

個人情報の提供・委託

当社は、ご本人の同意無く、法令等に基づく場合その他正当な理由がある場合を除き、ご提供いただいた個人情報を第三者に提供することはありません。なお、業務委託企業においても個人情報を厳格に管理されるよう必要な措置を講じます。ただし、次のケースにおいては個人情報を提供する場合があります。

  1. 法的な手続きに基づき、提供を求められた場合。
  2. 第三者の生命、健康、財産その他の利益を保護する必要がある場合。

個人情報の開示・訂正・削除

当社は、個人情報の開示・訂正・削除のお申し出があった場合には、ご本人もしくはご本人から委任を受けられた方であることを確認のうえ、適切な方法で対応いたします。

クッキーの使用

当サイトでは、利用者のコンピュータを識別するために、クッキーと呼ばれるデータを送信し利用者のハードディスクに記録することがあります。当社は、クッキーの使用により、利用者のコンピュータの情報や当サイトの閲覧状況などを取得することが可能です。
当社は、利用者の皆さまの利便性向上のためにクッキーを使用します。個人を特定する目的で、他の個人情報と組み合わせてクッキーを使用することはありません。
利用者の皆さまは、ブラウザの設定によりクッキーの設定を解除することができます。その場合、当サイトのサービスの一部がご利用いただけなくなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

アクセスログの使用

当サイトでは、利用者のコンピュータの情報をアクセスログとして記録します。アクセスログには、ドメイン名・ IPアドレス・OSの種類・ブラウザの種類・アクセス日時等が含まれます。アクセスログは必ずしも個人を特定できる情報を含むものではありませんが、当社ではこのアクセスログも個人情報に準ずる情報として取り扱います。
アクセスログは当サイトの利用に関する統計分析および当サイトの保守管理のために使用されますが、それ以外の目的で使用することはありません。

リンク先サイトにおける個人情報の取り扱い

当サイトからリンクされている他のウェブサイトを運営する企業・団体等は、当社とは独立した個人情報保護方針を持っています。当社は、当社以外の企業・団体等の活動に対し、いかなる義務や責任も負いかねます。

個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ

個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ(開示・変更・追加・削除・利用停止等)は、下記までお願いします。

個人情報保護責任者:管理本部 ISMS事務局
【電話番号】052-251-9161(代) 【FAX番号】052-251-9198
【受付時間】月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月4日を除く)の午前9時~正午、午後1時~午後5時

地球温暖化防止国民運動への取り組み(チャレンジ25)

アイワットは「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています

地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、世界が立ち向かおうとしています。我が国では、2020年に温室効果ガスを1990年比で25%削減するとの目標に向けて、一層の対策強化に取り組むことになりました。

地球と日本の環境を守り、未来の子どもたちに引き継いでいくためのこの行動は「チャレンジ25」と名付けられ、あらゆる政策の実施と共に、地球温暖化防止国民運動が展開されます。アイワットでもこの運動に企業として参加し、できることから実行していくことにしました。

未来がかわる。日本が変える。チャレンジ25

次世代育成支援対策推進法にもとづき「子育てサポート企業(くるみんマーク取得企業)」として認定される

子育てサポートしています。くるみんマーク
お問い合わせご相談メールフォーム

平日:9:00~18:00 土日祝:休み

  • NAGOYA HEAD OFFICE TEL. 052-251-9151 (代)

    〒460-0007
    愛知県名古屋市中区新栄1-7-22
    FAX:052-251-9198

  • TOKYO OFFICE TEL. 03-3551-4937 (代)

    〒104-0033
    東京都中央区新川1-1-6
    FAX:03-3552-2069